仮想通貨を見る目としては、もう、投資として考える人が多いかと思います。
安く仮想通貨を手に入れて、それが値上がりする。
そのことを期待して仮想通貨を手に入れるので、新たな収入、副業といった考え方になっていくでしょう。特に有名なのはビットコインです。とてつもなく価値をあげて、億単位で儲けを出して人生を変えた、という人も多く現れました。

ただ、仮想通貨というのはそういった側面ばかりではありません。
通貨、という点に注目したメリットも多くあります。
たとえば、送金です。現金で送金をする場合、銀行などの金融機関を利用することになりますが、日数もかかりますし、それに手数料もかかります。ですが仮想通貨ならそういった負担がかなり軽減されます。

ビットコインなどなら、手続きはアプリやブラウザなどでできますし、結果が反映されるのも、10分程度みておけば充分です。またこのことをメリットと大きく感じられるのは、海外送金の場合でしょう。手続き、日数といったものをかなり短く短縮できるからです。

こうしたメリットも、仮想通貨の性質にあります。
仮想通貨は、その流れを追跡できる特徴があります。これによって、どのお金がどのように動いているか追跡できます。現金は、そのお金がどこからいくら動いたか、といった記録を残す必要がありますが、仮想通貨にはその手続き仮想通貨自身に含まれながら動いていく、というイメージでいいでしょう。

紙幣に直接そんなことを書き込んだらいっぱいになってしまいますし、硬貨には記録しにくいですが、仮想通貨ならそれ自体に、いくらでも余白があって、かんたんに書き込めて、書き直すこともできないようになっている、と考えるといいでしょう。

また、2021年現在は新型コロナで難しいですが、海外旅行に行ったときなども、現地の通貨に替える必要なく、仮想通貨が利用できる場所ならそのまま使えるという便利さもあります。国境を超えられるということが、仮想通貨の便利なところです。

その、国境を超えられるという点が、ドルなど、非常に多く流通している通貨を持つ国などから驚異に見られているところでもあります。

仮想通貨を買い物などに利用したい場合に気をつける点としては、あまり、新しすぎる通貨などは避けたほうがいいでしょう。
通貨の価値が上下しやすいと、現金のような感覚で買い物がしにくくなります。
投資をする場合は価値が変わる仮想通貨を、買い物などに使う場合は、安定した価値の仮想通貨を、と分けて考えるといいでしょう。