1、なるべく歴史の長い通貨を選ぼう
仮想通貨取引を行うときに、どの通貨を選んだら良いか初心者が特に
分からないことが多いでしょう。そのような場合はなるべく歴史の長い
仮想通貨を選ぶと良いでしょう。その理由として挙げられるのが
歴史の長い通貨は、市場においても信用性が高いということです。
歴史の短い通貨は、どんなに技術的に優れていてもあまり知られてないので
投資する人も少なく結局消滅してしまうことが多いのです。
仮想通貨取引の一番強い部分が、ある新しい通貨にチャンスがあると思い
どうしようしたら消滅していたということです。こうなると全ての価値が
なくなってしまうので、投資金額も全てゼロになってしまうのです。
株式投資で考えれば、上場廃止をして株の価値がゼロになったことと一緒です。
しかし実際は株の場合は、ゼロ円になるまである程度期間があるので
その間に売れば損失はできるだけ低く抑えることができます。
しかし仮想通貨では、急に消滅ということもあるので気を付けなければなりません。
ある大儲けをした投資家は、まだ有名ではない通貨に多くの金額をかけて
成功したという例もありますが、それは奇跡に近いと言っていいでしょう。
ほとんどの通貨は、消滅の危機にあります。また新しい通貨は日本と
取引所では一般的には使っていないので海外の取引所を利用することとなります。
損をしてもいいという覚悟で投資をするのであれば良いのですが
一般的にはあまり現実的ではないでしょう。それよりも日本で認められた
歴史による安全性の高い通貨に投資をする方がはるかに良いのではないでしょうか。

2、なるべく歴史の長い通貨を選んだ方が良い点
なるべく歴史の長い通貨を選んだ方が良いとされている理由は
それだけで長く存在していれば多くのデータが残っていることがいえます。
どうしようするためにはやはりデータがあると投資しやすいので
国内の取引所に上場されている通貨の中でもメジャーなものを選ぶと
できるだけ低いリスクで投資をすることができます。
まだ取引量も多いのでチャンスも増えます。上昇するには
取引量の増加もひとつの目安になりますので無視できないところです。
国内の取引所に上場していたとしても、歴史の浅い通貨は
取引量の変化があまりないというのが一般的です。
そうなるとやはりチャンスが少ないので安全性、可能性の面でも
できるだけメジャーな通貨に投資をする方が一般的です。
また、できれば投資をする通貨の特徴など口コミなども参考にして事前に勉強しておくのも
良いのではないでしょうか。