テレビゲームやパソコンゲーム果ては家電製品のプログラミングに使用するコンピューター言語ですが、仮想通貨の利用者の増加がもとになり、開発言語プログラムが活性化するという事態が2021年現在起きています。

これはどういうことかを説明しますと、仮想通貨に使用されている言語プログラムは、汎用性が高く命令文の記載が少なくて済む、Pythonやjavaなどが主です。特にPythonは後から機能を拡張することに長けているため、コンピュータープログラマーが後からこのような機能が欲しいと考えた場合、別枠でそれら機能を持つ命令文書を開発することが出来るという汎用性があります。

逆に汎用性が無いプログラムつまり拡張性が低いプログラムというのは仮想通貨のブロックチェーンを作るうえでは適切ではないプログラムということで使用されていないのが2014年の仮想通貨が登場したころから言われています。

そして現在、Pythonはさらに機能を拡張することでゲームよりや人工知能開発よりのプログラミング言語というイメージから仮想通貨専用プログラミング言語に変わろうとしています。

何故このようなことを行うかですが、Pythonもそうですがコンピューター言語を開発した人物というものにも生活があり生活を向上させたいと願い出た場合、コンピューター言語を特化させることで利用者を増やすということを行います。

この場合、ゲームやAIというジャンルを捨ててでも仮想通貨専用のコンピュータープログラムを作り出した方が会社の評判が上がると判断した場合、コンピューターの言語の専門分野を変化させることが出来るわけです。
Pythonはまさにその変化の柔軟性が高いが故2021年現在は仮想通貨専用のプログラミング言語へと変わろうとしているわけです。

もちろん、万が一仮想通貨専用プログラムとしての機能を拡張し続け、仮想通貨自体が下火になった場合でもプログラムを再度ゲーム用やAI用の拡張機能を考え出せば利用者は離れないが故Pythonというコンピューター言語はある意味で高い汎用性という部分を生かして仮想通貨という副業が成り立つネットビジネスに参入したのです。

結論としましては、今後もPythonのように仮想通貨専用のコンピュータープログラムや高速回線の開発というものは生み出されると推測しますが問題は、仮想通貨の匿名性が完全に失われた場合、意味のない技術でかつ安全ではない技術となりますので如何に、仮想通貨がネットビジネスになりビックビジネスとなる場合でも安全性は今後システムが破られた場合安全ではなくなると結論付けます。