マネー教育の一環として

様々な新たな教育の形が求められている中、マネー教育も非常に重要な教育の一環の1つです。しかしながら特に日本においてはこの間に教育が非常に遅れていると言われています。政府が盛んに貯蓄から投資へと言う言葉を叫んでも子供の頃からお金に関する教育ができていないので進まないのはこの原因はあるでしょう。
だからこそ、マネー教育をどのようにしていくか、ここに仮想通貨を想定した教育も考えて行っても良いと思います。

なんといっても仮想通貨については単なるマネー教育にとどまらずインターネット空間でどのようなメリットやデメリットがあるのか、お金の概念とは何なのかを考えることができるからです。
そもそもお金と言うのは大手通貨として国や銀行がその価値を補完するものが大前提になっており、仮想通貨との違いを学ぶことによってマネー教育の最初の目的は達成されるのではないでしょうか。

さらにお金はどのように利用されるべきなのか、商品やサービスを売買する以外でもどのような利用方法があるのかを学ぶためには通常の生活の中よりも仮想通貨の流通状況などを学んだ方が非常にためになる事は言うまでもありません。

特に子供たちにとっては仮想空間での、いわゆるゲームでの物品やサービスの売買で仮想通貨が利用されていることやインターネットの世界でお金を流通することに対するリスク、そしてそれを作るための技術がどのように生み出されており、利用されているか仮想通貨の仕組みを学ぶことで身に付けることができるからです。

また、仮想通貨については、場合によってはこれから法定通貨と同様の役割を担い、子供たちにとっても自分たちがビジネスの非常に重要なツールになっていくことも考えられます。

このように考えると様々な観点から仮想スーパーを子供の頃から習い事は単なるマネー教育だけではなくインターネット教育、さらにはビジネスマンとしての知識を養うことにもつながっていると言えるでしょう。

これはほかの教育にもつながることですが、教師がどの程度の知識を持っておりビジネスマンとしての素養を持って子供たちと接することができるか大きな課題になってくるでしょう。

このような課題さえクリアすることができれば、仮想通貨は間違いなく教育の場面でも、中長期に見てプラスに働いていくはずです。マネー教育を推進していくのであれば、こうした観点もあわせてとりいれていけば良いのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。